市原悦子/長崎ぶらぶら節



 

なかにし礼(直木賞受賞作)ドラマ化

          テレビドラマ「長崎ぶらぶら節」
           
ドラマスペシャル「長崎ぶらぶら節」は4月28日(土) 後9:00-11:06 テレビ朝日
系列放送、演出・堀川とんこう、脚本・竹山洋、プロデューサー・一杉丈男ほか。

出演 / 市原悦子、藤竜也、仁科亜季子、浅利香津代、宮沢りえ 佐野浅夫、
      金子賢、沢田亜矢子、高橋ひとみほか。
裏話
TVドラマ化にあたっては、なかにしは「主役は市原さんしかいない」と思っていた
熱烈なラブコールで決まった芸者・愛八(悦子さん)

ストーリー
長崎の芸者・愛八(市原悦子)は長崎文化・歴史研究家の古賀十二郎(藤竜也)と
知り合い長崎の古い歌を探して歩き回る
愛八にとって、古賀は生まれて初めて恋心を寄せた男性だが、古賀はなかなか
愛八に触れようとはしない、古賀と一緒に歌を捜し求めることで無償の愛を貫こうと
する愛八のロマンスを描いている

愛八が目をかけた芸者・お雪は実在のモデル
物語は老齢になったお雪の回想形式で語られる。映画と比べると、このあたりの
構成がより原作に近いとのこと

本音がポロリの悦子さん
足かけ4ヵ月という、TVドラマにしては異例の長期撮影がクランクアップした
当日の会見では悦子さんも「寒さ、歌と踊り、方言と3重苦だった撮影も
今日で終わり! めでたいです」と本音ポロリだったそうです


http://mamarin.net