市原悦子/舞台映画
Official Site











検索でいらしゃった方は一番下のホームから、お入り下さい
本多劇場/ヒカルヒト         12月08日(木) 〜12月15日(木)

【作・演出】 鐘下辰男
【CAST】  
市原悦子

木場勝己 下総源太朗
高田恵篤  小野健太郎
塩野谷正幸
    ある知的障害児施設に独りの女性が働きたいとやってきた
ところから始まる。
若い頃、同じような施設で保母として勤務していたが園児死亡事件が
おき、殺害の容疑をかけられて長い裁判闘争を経て無罪判決を得た
直後で歳月が経っても児童福祉への情熱が冷めず再度、福祉施設で
働きたいという強い気持ちを持っていた

この働き出した施設の現状は酷いもので不衛生、閉鎖的で、園長が
全実権を握り独裁的な経営を行っている中で事件の容疑者であった
ことを隠さない女性によって当時の知的障害児施設ことが語られる

しかし自分の日々の行動を細部まで逐一メモして、少しずつ常軌を
逸したものとなり過去の事件の記憶が蘇り犯人は誰だったのか、
本当に私に罪はないのか、施設という隔離された空間で、いったい
何が起きたのか・・・・・・。

2006年上映中  初の主演映画2003 1月完成 只今 (2005年 各地上映中)



受賞作品

その村には約束事があり、六十歳を迎えた者は家を出て人里離れた
原野に移り住む(わらびの里) 数年に一度くる凶作はどのようにしても
免れずその糧をジジババの命と引き替えて養おうと昔からの知恵で...
そこはこの世とあの世の中継地、秋の終りまで生きのびた者だけ里へ
帰ることを許されるとレンは嫁ヌイに告げて家を出たが勿論、帰れる
わけがないのだ...
死を前にしたレンが、もっとも行きたかったところは映画のラストシーンに
濃縮されていると思う

上映場所 http://www.catvy.ne.jp/~warabi/
★2003年より各地(ロングラン)で上映中
監督の報知映画賞・文部科学大臣賞・
悦子さん山路ふみ子映画賞など
多くの賞を頂きました

後援会も上映しました
005/1/8(土)千葉文化センター昼・夜2回の上映で風邪を引いて
咳き込む悦子さんも、さすが舞台上では堪えて咳1つなく合わせて
40分のご挨拶を無事に終了致しました



悦子さんのサイン
 「あらしのよるに」

2004年 7月/9〜9/15各地で公演しました

或る“あらしのよるに”二匹は出会いました 
一人は雌山羊のメイ(市原悦子)で、一人は牡狼のカブ(越村公一)
いつもなら狼は山羊を食べてしまいますが、この夜は闇に包まれていて、
お互いの顔がみえず風雨のせいで匂いもわかりません 
二匹とも、とても心配だったので、どちらともなく話をはじめました
嵐が去った後、二匹はなんだか友達になっていました

アラアラ大変! 変なお友達!!
おばさん山羊のピノ(ミッキー吉野)はメイをとても心配します狼仲間も、
カブを問い詰め、責めたてるので二匹の関係はどうなるのでしょう?

「絵本/あらしのよるに」(全6巻)「原作者木村祐一」音楽と朗読とお芝居で
綴るご存知“ロードショーシリーズ”絵本の世界から新たな舞台広がりました。

狂風紀  2004/1/30〜2/11 アートスフィア(天王洲アイル)
破天荒な善と悪の謎ドラマの幕があがる劇場内にサーカス小屋を
出現させ舞台中央を囲むように特別席を設置した客席も見もの...

絶対不可能といわれた「芥川賞作家・石川 淳」の稀代・超大作
「狂風紀」がついに舞台化という見出しもワクワク富と権力を誇り
社会を凌駕する者達と人間らしく生きようとする貧乏な人々との
闘いが始まる...
  ★迫力ある女性を演じます  「肝っ玉おっ母とその子供」たち
 シアターカイ2年がかりのブレヒト演劇祭

「肝っ玉おっ母とその子供たち」劇中歌
17世紀の30年戦争“肝っ玉おっ母”と異名をとった
アンナ・フィーヤリングは二人の息子と娘のカトリンと共に
幌車に食料、酒、衣類などを積み込んで歩く野戦酒保商人だ。 
(さあ、戦争だもうかるぞ)旺盛な生活力と強い母性愛を
持つ“肝っ玉おっ母”だが次々にその戦争のために三人の
子供たちを失っていく…


芽キャベツがほしい 2003年 芽キャベツたちのファンキーなラブバラード

 
日本初演作品が大好評 再々演決定!
  出演マギー市原悦子 レオン佐藤B作
=Story=
ニューヨークのアパートメントでレコードをかけ唄のレッスンを
する男、レオン・ローズその売れない俳優が必死にオペラの稽古を
しているとそこに訪問者が!そこに立っていたのは今にも違反切符
切ろうとする 婦人警官マーガレット・ハインツ(マギー) 
罪名は騒音防止条例違反の召喚状を免れようとするレオン... 
挙げ句の果てに対立する二人の関係が徐々に歩み寄り、
想いをよせるまでになってしまう真剣で滑稽な大人のラブバラードが
さらにパワーアップ!した面白さが見もの...


http://mamarin.net